見たかったものの一つ

デュドックによって設計され1930年に竣工したヒルベルスム市庁舎です。これまた現役です。訪れたその日にちょうど結婚式を行っていました。名古屋で言うなら市役所で結婚式ってとこでしょうか?建物もすばらしいですが、植物や、池の管理も見事なものです。
アップの写真を良く見てください!しのぎ目地といって目地底にテーパーをつけて壁面に汚れがたまらない工夫をしています。これは本場のオランダでも珍しいことです。建物全体も笠木がしっかり出て汚れない工夫がデザインにもなっています。この建築は20年近く前に、訪れた人から写真を見せられて、オランダに行く機会があったら必ず見ようと思っていた建築のひとつでした。いたるところに工夫が見られ、一見種類が少なそうに見える外壁材は実は10種類以上をうまく組み合わせたものでした。あ~見に行ってよかった。満足!
a0106273_2116309.jpg
a0106273_2117555.jpg
a0106273_21172289.jpg
a0106273_21232731.jpg

[PR]

by vase-blog | 2007-09-02 21:00 | 旅行  

<< ジャワ島の現代版キャナルハウス レンブラントライト >>