<   2007年 11月 ( 9 )   > この月の画像一覧

 

だいぶ出来た

こういう建築も決して嫌いではありません。ただただすっげーなぁと思うばかりです。間近で見るとすごい迫力です。よくこんなところから鉄骨を落として、けが人が出なかったなぁーって、僕が写真を撮っていると誰かが話してました。
a0106273_1935023.jpg

[PR]

by vase-blog | 2007-11-27 19:27 | 建築  

久々に見に行きました

渋谷の三基商事ビルです。工場で働いている頃に納めた現場です。この現場のおかげで手はつり仕上げを焼成前にはつり仕上げすることを発見しました。コーナーの巻き返しの部分は66度に傾いた平物がねじれながら積みあがっていくという難しい納まりでした。原寸大の模型を作って見比べながら作った覚えがあります。20万ピースもの小口平を一枚一枚手作業で割って作るのは大変な作業でした。思い出の多い現場です。
a0106273_22514589.jpg
a0106273_22521968.jpg
a0106273_22524231.jpg

[PR]

by vase-blog | 2007-11-26 23:00 | れんが・タイルクロニクル  

電飾

名古屋駅の電飾です。神戸のルミナリエや東京丸の内の何とか、人も明かりに群がる虫と一緒ですね。確かに綺麗だ。しかしこの日は月のほうがもっと綺麗だったんだけど、名古屋駅でこの電飾を見た子供が、電車で田舎に帰ったときに家に帰る前に月を見て「こっちのほうがさっきより綺麗だね」そんな子いるかな?蛍だとか、裸電球のあったかそうな灯りをちゃんと教えてくれる人はいるだろうか。  
a0106273_22171588.jpg

[PR]

by vase-blog | 2007-11-25 22:06 | コラム  

寒い朝も素敵です

毎朝毎晩レニーを連れての散歩もとうとう防寒パンツの登場です。防寒パンツと指なしグローブをつけて散歩に出るようになると冬の到来です。牧野が池はやがて渡り鳥でいっぱいになります。夕焼けより朝焼けのほうが神秘的で好きです。少し早く散歩に出かけて、太陽が昇る寸前の東の空を見ると1995年にタイで見た皆既日食を思い出します。こんな寒い朝も空や鳥たちのおかげで素敵だって思います。
a0106273_2215994.jpg
a0106273_2221880.jpg

[PR]

by vase-blog | 2007-11-23 21:52 | その他  

やっと冬が来ました

急に寒くなりました。今からだんだん早起きと散歩がつらくなりますが、めげないで頑張りたいと思います。愛犬レニーはまったく正反対です。毎朝すがすがしいってくらいのものでしょうきっと。公園のカエデやサクラ、ドウダンツツジ、ナンキンハゼどんどん赤くなってきました。レニーはこの葉っぱが散って地面に積もったところをわざ、ガサガサ歩くのが大好きです。今週末か来週の初めは定光寺か昭和の森に行こうと思います。近くて一番の紅葉のきれいなところです。定光寺の焼香殿の床には日本で一番古いといわれているタイルがあります。昔は手にとって見ることが出来たのですが、今は柵の外から覗くだけですがそれでも一見の価値があると思います。
a0106273_2125398.jpg

[PR]

by vase-blog | 2007-11-19 07:00 | 愛犬レニー  

ねむの木美術館

ねむの木学園の中にある、藤森照信設計のねむの木美術館に行きました。建築を見ることが目的だったのですが、特に美術館の作品に感動しました。思わずミュージアムショップで作品集を購入しました。素敵です!
a0106273_1475158.jpg

[PR]

by vase-blog | 2007-11-18 01:35 | 旅行  

究極の日本酒

西荻窪に“雅”という居酒屋があります。私が知っている中ではおそらく日本一の日本酒の店です。ここの大将はよいお酒を捜し求めて酒蔵に行くことはもちろんのこと、たまに田植えまで立会うそうな。今から10年以上前に確か土曜日の夜、飯島直子、松本明子、中山秀則が”TV番組の中で利き酒をやっていたのがこの店だった。昨日は久しぶりに集まった友人と久しぶりに雅でおいしい酒を飲みました。いつも大将がこの酒は何時のコンテストで金賞を取った酒だとか説明してくれるんだけど、美味しいことだけは覚えているけど、説明は忘れちゃうんだな。今回は写真を撮ってきました。写真の右側が普通のお店に出てるタイプ、左側がほとんどここにしかないタイプ。 ボジョレーヌーボーもいいけどやっぱり日本酒ですね!
a0106273_0221433.jpg

[PR]

by vase-blog | 2007-11-18 00:03 | リフレッシュ  

いい感じ

a0106273_0275524.jpg
先日、奈良に行ってきました。二月堂の近くにこんな壁があります。いつ頃誰が積んだやら。瓦とレンガとタイルを足して三で割ったらこんな感じかな。一度こんな事してみたいと思います。
[PR]

by vase-blog | 2007-11-09 00:28 | 旅行  

読書の秋

五木寛之の林住期を読んだ。林住期とは人生を100年とし、4分の1ずつで区切り、50歳から75歳までを”林住期”といい、人生でもっとも自由で何でも出来る期間だということを、彼の人生に照らし合わせて書かれた本だ。この本に感化されたわけではないが、ちょうど今年2月で50歳となり、まさにその期に差し掛かった所でこの本に出会い、自分なりに都合のいい解釈をして気持ちが楽になった。自由だ~!五木さんありがとうございます。
a0106273_19263527.jpg

[PR]

by vase-blog | 2007-11-07 19:27 | リフレッシュ