久々に見に行きました

渋谷の三基商事ビルです。工場で働いている頃に納めた現場です。この現場のおかげで手はつり仕上げを焼成前にはつり仕上げすることを発見しました。コーナーの巻き返しの部分は66度に傾いた平物がねじれながら積みあがっていくという難しい納まりでした。原寸大の模型を作って見比べながら作った覚えがあります。20万ピースもの小口平を一枚一枚手作業で割って作るのは大変な作業でした。思い出の多い現場です。
a0106273_22514589.jpg
a0106273_22521968.jpg
a0106273_22524231.jpg

[PR]

by vase-blog | 2007-11-26 23:00 | れんが・タイルクロニクル  

<< だいぶ出来た 電飾 >>